• JAPAN TABLE TENNIS LEAGUE 2020チーム紹介

 平素より本連盟主催大会開催につきましては、開催地行政関係各所、地元卓球協会(連盟)、後援関係、ご協賛企業はじめ多くの関係者の皆様にご理解とご尽力を賜り心より御礼申し上げます。

 

 さて、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、予定しておりました本連盟主催大会(日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント和歌山大会、日本卓球リーグ前期三重大会)も苦渋の決断により中止とさせていただく事になりました。

 何よりも、国民の命と健康を守る為、そして、この危機的状況を徹底した感染防止対策を継続することで、一日も早く終息させることを強く願う思いでございます。

 我々は企業スポーツとして、また更にはスポーツの枠を超えて、国民一人一人が高い意識と自覚をもって、この危機的状況を乗り越えるべく、Stay Home(ステイホーム)、接触8割削減、3密(密集、密閉、密接)を避け、「うつさない!うつらない!」を厳守し、自らの命と大切な人の命を守る事に徹底した取り組みを続けていく覚悟でおります。

 

 先行き不透明な不安な日々が続いており、皆様の心境は察するに余りあります。

 皆様におかれましては、引き続きご自愛のほどお願い申し上げます。

 

一般社団法人日本卓球リーグ実業団連盟

会  長 原田 弘人

JTTL指針
 
 本連盟は、2020年4月より「一般社団法人日本卓球リーグ実業団連盟」として新たにスタート致しました。
 この新しい出発の機会に、日本卓球リーグの存在意義を改めて見直し、「活動指針」を明文化しようというプロジェクトを立ち上げ、2年越しで進めてまいりました。
 所属する選手、部長、監督、スタッフの声を集め、ワークショップなどで真剣に議論を重ねて、思いを凝縮した「活動指針」です。
「サステナブル(=持続可能な)」という言葉には40数年の歴史と実績をベースに、50年、100年と持続する決意を込めました。
 他の言葉にもそれぞれ思いが込められていますが、お題目で終わらぬよう、全ての日本卓球リーグ関係者が今後の活動の中で、態度や言動で示していく覚悟でおります。
 
JTTL指針.jpg